PCに関することを、気ままに。
ライフハックや整理整頓やらも一緒に走り書き。

啓発本の読書メモとしても兼用中。


Profile
Navi
貴方を応援してくれるデスクトップマスコット「貴方を応援し隊」をお探しならこちら
Category
NewEntry
Archives
Comment
Links
About Link
当サイトへのリンクはご自由に。各記事への直接リンクもOKです。
Nicotto Town
Nicotto Townで、まったりセンカンドライフ中。
Other
Mobile
qrcode
Mail
nekoneho★uh.main.jp
★→@に。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- -
世界基準の女になる! 恋するように仕事をする
心の中に夢の卵を抱くのは若さの特権です。
しかし、卵を温めているだけでは、永遠に卵のままです。
殻をこわさなければ、ヒヨコとして生まれることも、おいしいオムレツをつくることもできません。

たしかに!

夢や目標へと続く道は一つではありません。
一つの道が閉ざされたら、別の道を探す。
そして、別の道さえなければ、自分で道をつくればいいのです。

挫折したときに見ると勇気がわきそう。

夢は思い切り大胆に。
お金やビジネスという土台は、岩のように堅実に。
どちらが欠けても、決して世界基準の女性とはいえません。

夢を抱きながら、作業は堅実。
これなら、たしかに成功するね。

短い期間のあいだに、二人以上のお客様が要求してきたことは、大きな流れになる可能性がある、ということ。

ただのわがままか、それとも時代のニーズか。
それを見分ける、ひとつの方法。
プログラムにも応用できるかな。

欲しいものは欲しい。
人の目を気にせず、素直に望みを言葉にすることが幸せへの近道です。
(中略)
多くの人が無視しても、数少なくても力になってくれる人がいればいいのです。その人が「欲しいもの」を持ってきてくれるのですから。

ウザがられない程度に言ってみよう(笑)

なにもかも一人でやろうとすると、限界がきます。同志をつくらなかったばかりに、挫折した優秀な経営者を、私は何人も見てきました。
自分の考えを広めようと思ったら、自分の考えを理解してくれる分身をつくることがとても大切です。

同志、か。
まずは職場で作ってみるかな。


読書メモ(啓発本) comments(0)
スポンサーサイト


- -
comment
send