PCに関することを、気ままに。
ライフハックや整理整頓やらも一緒に走り書き。

啓発本の読書メモとしても兼用中。


Profile
Navi
貴方を応援してくれるデスクトップマスコット「貴方を応援し隊」をお探しならこちら
Category
NewEntry
Archives
Comment
Links
About Link
当サイトへのリンクはご自由に。各記事への直接リンクもOKです。
Nicotto Town
Nicotto Townで、まったりセンカンドライフ中。
Other
Mobile
qrcode
Mail
nekoneho★uh.main.jp
★→@に。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- -
隣のダメ社員に振りまわされない仕事術~「人間関係」と「仕事の効率」を良くする技術&習慣~
困った人への対処法というよりは、振りまわされないようにするための自分の意識改革をメインとした本。
想定していた内容とは違っていたけれど、意識改革本としては良いと思った。

「私は未来のことに関心があるのだ。なぜなら、残りの人生は、すべてそこで過ごすのだから」
C・F・ケタリング(自動車技師、発明家)

未来を大切にしたくなる言葉だ。

そういえば、昔からこんなことが言われています。
「豚に歌を教えようとするな。うまくいくはずがないし、豚が迷惑するだけだ」
 明らかに自分の責任を果たそうという気がない人に働きかけて、時間や精神的エネルギーを無駄使いする必要はない、ということです。

自分に対してもそうだし、相手にも迷惑、というのは、ちょっと新鮮な視点。

ラドヤード・キプリング(『ジャングル・ブック』でノーベル文学賞を受賞)も書いているように、「言葉というのは、人類のもつ最も強力な薬物である。慎重に選ばなければいけない」ということです。

考えているときの言葉も含めて、どんな言葉を自分や周りにかけるかで、人生も少しずつ変わってくる。
それを薬物と表現しているのは、言い得て妙。

「今までは」と口に出すことで、今日は──そしてこれからは、違ったやり方ができるのだ、ということに改めて気づかされるのです。

マイナスな発言をしたときに使える、打ち消し言葉。
言ってしまったあとに使える言葉は覚えておくと便利。

「なりたかった自分になるのに、遅すぎるということはない」
ジョージ・エリオット(イギリスの女流作家・哲学者)

今からでもがんばろう、という気持ちになれる言葉。

百パーセント良い結果を出せる一つのことを探すのではなく、一パーセントでも好ましい結果が出せるものを、百個探すということです。

ちりも積もれば、山となる。
小さなことから、コツコツと!


読書メモ(啓発本) comments(0)
スポンサーサイト


- -
comment
send