PCに関することを、気ままに。
ライフハックや整理整頓やらも一緒に走り書き。

啓発本の読書メモとしても兼用中。


Profile
Navi
貴方を応援してくれるデスクトップマスコット「貴方を応援し隊」をお探しならこちら
Category
NewEntry
Archives
Comment
Links
About Link
当サイトへのリンクはご自由に。各記事への直接リンクもOKです。
Nicotto Town
Nicotto Townで、まったりセンカンドライフ中。
Other
Mobile
qrcode
Mail
nekoneho★uh.main.jp
★→@に。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- -
内藤忍の「好き」を極める仕事術
 自己を犠牲にしすぎる行きすぎた協調によって、逆に成果が出せないで悩んでいる人が最近増えているのではないかと危惧しています。(中略)環境に自分を無理に合わせていくのではなく、自分の好きをとことん極めていき、自分に最適な環境を逆に見つける。(中略)その考え方を多くの人に伝えたくて、本書を執筆しました。

これ、「おわりに」に書かれている文章なのですが、表紙の折り返しにも引用されていて、まさにこの本のコンセプトを示しています。

協調することは必要。でも、自己を犠牲にすると成果は出せない。

じゃあ、自己を犠牲にせずに協調するには?

自分に最適な環境を見つければいい!

自分に最適な環境を見つけるヒントは、「好き」に隠されている。

「好き」を見つけて、それを仕事に活かす方法が経験談を絡めながら、書かれています。

電車のなかで無意識に見ている広告はなに?

筆者は大学や予備校の広告ばかりに意識がいっていたようで、
いっしょにいる人から「いつも、そんな話ばかりしてるよね」と言われ、
初めて自覚したそうです。
たしかに、電車の中吊りで気になるのは興味があること。
興味がある→好きなもの→仕事に活かせれば強みになる。
実際自分でも、どんな中吊りに興味があるのか客観的に観察した結果、
なるほどという結果になりました。
これはオススメ。

ジャンプする前に、やらなくて後悔しないか? 最悪の事態を想定しているか? を自らに問いかけよう。

ジャンプというのは、人生の転機というか、ステップアップのことです。
人生の分岐点にきたときに、「やらなくて後悔しないか?」と自分に問うのは啓発本ではよくあることだと思います。
でも、「最悪の事態を想定しているか?」と問う本は少ない。(というか、私ははじめて見た。)
筆者は資産設計のプロで、
「リスクとリターンはセット。大事なのは、バランス」とも言っている。
きっと人生も同じようにリターンがあるときはリスクもあって、
リスクを許容してでもリターンに賭ける価値があるか判断することが大事と伝えたいのかと。

「できる人」のマネは、継続性を考えるとやめたほうがいい。

これは啓発本好きには耳の痛い話(笑)
超人の真似は超人にしかできない。
凡人は自分のできる範囲で、コツコツと継続することが大事。

成果が出ないのは能力がないからではなく、正しい方向に能力を活かしていないだけなのです。

正しい方向=自分が好きで得意な方向。
正しい方向で継続していけば、必ず結果は出る。

あせらず正しい方向に正しい方向で続けていれば必ず成果が出ます。大切なのは、結論を急がないことです。仕事も人生と同じ長距離走であることを忘れないでください。

焦らず、がんばろう!



読書メモ(啓発本) comments(0)
スポンサーサイト


- -
comment
send