PCに関することを、気ままに。
ライフハックや整理整頓やらも一緒に走り書き。

啓発本の読書メモとしても兼用中。


Profile
Navi
貴方を応援してくれるデスクトップマスコット「貴方を応援し隊」をお探しならこちら
Category
NewEntry
Archives
Comment
Links
About Link
当サイトへのリンクはご自由に。各記事への直接リンクもOKです。
Nicotto Town
Nicotto Townで、まったりセンカンドライフ中。
Other
Mobile
qrcode
Mail
nekoneho★uh.main.jp
★→@に。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- -
恋も仕事も思いのまま 夢を叶える仕事術―女性でもやりたいコトを実現させるカンタンな方法
乗り換え便利マップを作った人の本。

商品を一度作ったらそれをダイヤモンドだと思ってしまって、改良できなくなってしまうのです。そうではなく、自分のアイディアはダイアの原石だから、形を変えるのは当たり前、プロに宿題をもらって直していく、そういう姿勢が必要だと思っていました。

アイディアに固執してしまうとき、たしかにあるよね。
心にとめておこう。

自分の行動に他人は責任を取ってはくれないのだから、人のいうとおりにするのではなく、自分で判断して決めよう

他人の意見と衝突して悩んだときに思い出したいフレーズ。
責任を取るのは、あくまで自分。

訪問先で断られてもただ黙って帰ってくるのではなく、必ず宿題をもらって帰ってくるようにしていたのです。悪いところを指摘されてもしょげたりへこんだりせず、「では、その部分を直したらもう一度会っていただけますか」と切り返すわけです。それでもだめだと言われれば、はじめから採用する気がない会社ですから、次の会社に当たればいいのです。先方の指摘で商品が改善されれば商品力もアップしますから、一石二鳥です。

SEの世界でも、活用できそう。

よく女性であることは、ビジネスをするうえでプラスかマイナスかといった質問をされます。私の答えは「とんとん」、つまり「フィフティ・フィフティ」です。
(中略)
「女性だから」とあまり意識することなく、肩肘張らずに、その代わり遠慮もせずにやっていけばいいのです。

女性であることは損ではない。
男性とは、損するところと得するところが違うだけ。
この発想はなかったな。


読書メモ(啓発本) comments(0)
女が28歳までに考えておきたいこと―「強運な女」になる秘密 あなたの“未来のハッピー度”を10倍アップするガイドブック
迷ったり悩んだりすることは、悪いことではありません。でも、ひとりで迷っているうちに疲れてしまって、何をする気力もわかなくなってしまっては本末転倒です。
(中略)
 1時間考える時間を持ったら、同じだけ行動する。この姿勢が大切なのです。


行動しよう!

上司が「やっぱり女はダメだな」(中略)などと言ったら、(中略)「女、女って、言わないでください!」ではいけません。「これから人の倍、がんばりますので、お力を貸してください」と言うのが賢い叱られ方です。


う〜ん。ダメなほうの例をやってたかも。
今度、試してみるか。

対女性上司の場合は、こちらから「相談する」というよりむしろ、「話を聞いてあげる」ぐらいの気持ちで接するといい。


逆やってた!
そうなんだ。へえ!

上手に自己主張するには、きちんと自分の意見を出して、その後で必ず相手の意見を聞くこと。「私はこうしたいのですが、いかがでしょうか?」「それについて私はこう考えるのですが、どう思われますか?」と言うのです。


これはすぐに活用できそう!

他に女性に多いのが、へりくだりすぎて相手の信頼が得られないケース。これを心理学では「ディスクレーマー(disclaimer)」と言います。


「不勉強なので」とか、「専門家でないので」という発言がこれに当たるのだとか。
確かに仕事のパートナーに言われると不安になる用語だね。

男性は(中略)女性に対しては、まずその人の印象のよしあしで評価を下します。ですから印象がよくない(かわいげがないとも言われます)と、その人の中身、つまり能力まで見ようとはしないのです。


印象を良くするのは、「上手な自己主張」、「聞く技術」、「人の心をつかむ表情とあいさつ」。
これがあると、能力がなくても評価される・・・。
なんだかなぁ。

大事なのは学んだ内容よりも、「学んでいる」自分。


結果を焦ったときに、いいフレーズだね。



読書メモ(啓発本) comments(0)
頭がいい人の習慣術 [実践ドリル版]
評価:
小泉 十三
河出書房新社
¥ 756
(2004-02-05)

 頭がいい人は朝起きると「何時間寝たか」を計算するが、もっと頭のいい人は寝不足でも「よく眠った」と思い込むので脳は冴えてくる。

「思い込むので」というのがおもしろいなと思った。

「おしゃれな人」は脳が活性化する

積極的におしゃれをしてみよう!


読書メモ(啓発本) comments(0)
頭のいい人の「15分習慣」のススメ
年代が異なる相手、とくに自分よりも若い世代の相手とは「話が合わない」と敬遠してしまうのではなく、話が合わないからこそ面白い、と考えよう。


ずっと話していては疲れるかもしれないが、
15分程度なら刺激的で良いのだそうだ。ほほーう。

「暇がない」というのは、本格的な絵を描こうと意気込みすぎているためではないだろうか。
(中略)
そこで提案したいのが、「15分で描ける絵を描こう」ということ。


やってみよう。

・人の心はネガティブなほうへ傾きがち。
・人の脳は簡単に暗示にかかってしまう。


なので、努力をもってポジティブな暗示をかけてしまうのがいいらしい。
ポジティブ、ポジティブ。

朝は、ひとつひとつを確認するように身だしなみを整えてこそ、職場でもていねいな仕事ができる。


朝はざがざが着替えて、出かけているなぁ。
もう少し落ち着いてやってみるかな。



読書メモ(啓発本) comments(0)
「見えない小さなこと」で仕事は9割できている
「いつかは必ずやらなければならない!」という言葉を、一〇回言ってみます。(中略)
すると不思議なことに、なんだか心のなかから責任感のようなものが湧いてきて、気持ちが少し前向きになってきます。

たしかになってきた(笑)

判断を誤らせるのは、つねに「短気」と「過剰な自信」です。
たとえば、「なんで自分が……」なんて思うようなときは、過剰な自信とプライドで脳がいっぱいになっているときです。そういうときは、決して正しい判断ができません。

耳の痛い話だ。

「やって見せて(模範)、言って聞かせて(指導)、させてみて(実行)、褒めてやらねば(評価)、人は動かず」という、日本海軍の山本五十六元帥の言葉を教えてくれたのも上司でした。

教育の基礎ですね。

「ムダになること」を恐れていては、何も変わらない

ムダになるかも、って思うと二の足を踏んじゃうけど、たしかになぁ。

相手を理論でぶっ潰せば、そのときは少し優越感に浸れて気持ちがいいかもしれません。しかし、相手はあなたを恨むばかりで、決して本気では動いてはくれません。しぶしぶ意見を受け入れたとしても、人は心から納得しなければ本気で動かないものです。

論破すれば終わりじゃない。
説得できて初めて成功ということですね。ふーむ。




読書メモ(啓発本) comments(0)
キッパリ!―たった5分間で自分を変える方法

難易度の低いもの、高いものがあるけれど、
たしかに5分でできる。
4コママンガとイラストもおもしろかった。

迷ったときは、勇気がいるほうを選ぶ。
勇気を出し惜しみしてきた結果が、今の自分。

がんばろう。

難しい仕事は、カンタンな仕事をひとつ終えてからすぐにとりかかる。

”ひとつ終えてから”というのがポイントなのだそうだ。

花を生ける。
一輪の花でも、やさしい気持ちになれる。

これができるようになったら、大進歩だ(笑)

「遅い」「今さら」「どうせ」は禁句にする。
「まだ間に合う」「今がチャンス」「やってみなけりゃわからない」に変えよう。

口癖はポジティブなほうが気分いいよね。

絵を好きに描いてみる。
うまく描かないでいい、と思うとワクワク描ける。

童心に返って、たまにはワクワクしてみようかな。

姿勢をよくする。
姿勢がいいと、目標が見えてくる。

姿勢がいいと気分もいいよね。

電話口に相手が出たら、「今、大丈夫?」と必ず聞く。

心がけよう。

さりげなくインパクトのある自己紹介をする。
最近自分が感動したトピックスを、ひとつだけ入れる。

これは活用できそう!

波風たてずに、ウソをつく。
最低でもひとつは「本当のこと」を混ぜる。

これは・・・使える・・・!

すぐ友達を呼べる家にする。
まずは玄関、トイレ、ダイニングテーブルを片付けよう。

イラストにあった「洗面所」も要チェックだね。

レジの人に「お願いします」と言う。

ささやかな気遣い、ってやつだね。

知ったかぶりをしない。
「教えて」から、コミュニケーションが深まる。

思わずやってしまうけど、気をつけよう。

自分の気持ちを、コトバで伝える努力をする。
「どうせ言ってもわからない」ではなく、「言わない」とわからない。

言っても伝わらないこともあるけど、
言ったほうが絶対、伝わる率は高いんだよなぁ。

お礼は優先第一位にする。
お礼はタイミングが命。

ひとことでもいいから、早いほうがいいんだそうだ。

約束の5分前に行く。

いつもぴったり目指してるけど、
たまには5分前行動もいいかもなぁ。




読書メモ(啓発本) comments(0)
自己プロデュース40の方法―自分に勝つ、他人に勝つ
謙虚とは自分が何者であるかをきちんと理解し、他人に対して優越感も劣等感も抱くことのない、「ありのままの自分」であることだ。ありのままでいれば、他人の立場や「他人の目に映る自分」も許容できる。わざと偉そうに見せたり、目上の人にへつらうことなく、常に、素のままの自分を出せることが本当の謙虚さだと思うのだ。


謙虚と、謙遜と、卑屈の境界線がぼんやりとしていたので、
この定義にはハッとした。
生まれてはじめて、謙虚な人間になりたいと思った。


自己達成感
「独り善がり」なのかもしれないけれど、そもそも人生なんて「独り善がり」以外の何ものでもないのではないか。
どんなに自分は社会的に成功したと思っていても、それは「自分と似たような価値観を持つ人々」にしか賛同してもらえない。


自己達成感がある。→自分を評価できる。→謙虚な人間になれる。
独り善がりが好循環をうむなんて思いもしなかった(笑)



読書メモ(啓発本) comments(0)
ミリオネーゼの手帳術
とにかく手帳に書く!
旅行に行きたいな、と思ったら、
どこかの日付に「旅行」と予定を入れてしまう。

そんなうまくいくもんかなぁ?と
半信半疑ながら実践してみたら、
びっくりするほど、タスクをさばけるようになった。

いつか、と思っているとなかなか実現できないけど、
たとえば「2009年9月19日〜23日(9月の大連休)」に
旅行が入っていると、
人間、意外とやれるもんだったりする。

やりたいことはたくさんあるけど、
気付くとぼんやり一日過ごしてしまう人(私とか。笑)にはぴったり。


「生きているということは、自ら変化することができるかどうか」
(中略)
では、今のわたしの人生を変化させることができるのは誰か? たった一人しかいない「わたし」である。

生きることに、変化という希望を見出せる名言だと思う。


読書メモ(啓発本) comments(0)
落ちたリンゴを売れ!~成功者が密かに実践する「生き方のルール」~
「去るものは日々に疎し」
欧米では"Out of sight, out of mind”
(目に見えないものは心から離れていく)と言っています。


目標は目に見えるところに貼っておくのが一番。
恥ずかしいけど、たしかに効果がある(笑)

自己分析。

・嫌いなこと、したくないこと
・苦手だが、克服したいこと
・好きなこと


同じ苦手でも、克服したいことと、しなくてもいいことがある。
苦手なことがそのどちらであるか知ることは重要なのかも。

自分に合った道を見つける方法
1.今の会社でのし上がっていく
2.今の会社で決め球を磨き、転職する
3.なるべく早い時期に転職する
4.独立する


転職でも2と3があるのは、目からウロコ。

「より速く」
「より良く」
「今やるべきことをやること」

やるべきことをやれるか。
それが人生をわけるんだろうなぁ。


読書メモ(啓発本) comments(0)
人生を変える笑顔のつくり方―絶対、運が開ける笑顔セラピー
タイトルどおりの内容。
実践できれば、好転すること間違いなし。

ポジティブシンキングな自己暗示法
《自分専用の魔法の呪文》のつくり方
1.簡単な言葉のくり返し。文章も短い方が良い。
2.具体的な表現、感じがよく表れるような表現に。
3.肯定の言葉で文章をつくる。
4.過去完了形で言い切る。それが、心に抵抗感をつくる場合は、進行形に。

過去完了形は違和感を覚えるので、まずは進行形から。

「これで良かった。(中略) 私にとってこの事態は必要、最善です。最善である意味はそのうちわかります。ありがとうございます。ありがとうございます」

「そのうちわかります」のくだりがしっくりきて、お気に入り。
いろいろ落ち込んだときに唱えると、元気がでる。




読書メモ(啓発本) comments(0)